2012年10月12日

安藤

彼女のインタ見てみたら、泣けてきたなあ

日本のマスコミ嫌いなのに表に出てしっかり語るってことは、
ちゃんと自分の言葉で言いたいと思ったんだろう

 「私は来年、ブロック大会からやらざるを得ません。(世界選手権優勝などで)公私とも充実していた2010年〜11年シーズンを100とすると、今はゼロに近いです。これから、やることはたくさんあります。プログラム作りだったり、体力面だったり、戦える気持ちだったり。一つ一つの試合を大事にして、完成度の高いモノを求めます。今のミキは技術はちゃんとできているけど、できているからと言って試合に出られるのではない。そこに気持ちがないと、お客さんの前に出られない。ヘタな演技はしたくないし、できない」

最後の言葉が彼女らしいし、本当に成長した。
試合に向けてちゃんとした気持ちができなければお客さんの前に出られないって思う所、本当に大好きだ。

彼女の選んだ道を応援したい。

最悪環境が整わなければこのまま引退ってこともありえるけど、
もし来期ブロックから始めて全日本出れるなら、全日本に応援いきたいな。
現地で応援したい。


なんとなく、中野がオリンピックをかけて戦った全日本を思い出す。
あれほど気持ちが伝わって号泣した演技はなかった。号泣しすぎて後半演技が見れなかったわ・・

安藤のことは普段から細かく情報を追ってないけど、本当に大好きだから、
現役の最後があるなら、追いかけなくちゃ。
posted by akiya at 16:46| 東京 ☀| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。